子供部屋のインテリアTop >  子供部屋インテリア家具 >  子供部屋のインテリアで選ぶ家具は?

スポンサードリンク

子供部屋のインテリアで選ぶ家具は?

子供部屋のインテリアで選ぶ家具は?

子供部屋の家具は風水を取り入れた収納家具や
カーテン選びをする方も最近は増えてきた。
リフォームのときは風水でレイアウトを決める方もおおい。
リフォームで子供 部屋の場合は間仕切り(仕切)をするだけでも違うもの。
北欧タイプの子供 部屋の間取りは比較的コンパクトなので人気だ。
子供 部屋のラグは模様替えにはもってこい。
おしゃれな子供 部屋作りが楽しめる。

では子供部屋の家具を決めるインテリアコーディネーターという仕事を知ってる?
コーディネーターはいろいろな顧客のあらゆる要望に応えて、
部屋のレイアウトや内装材、家具、照明などを選び、
客の満足する快適な住空間を創ってくれるインテリアの専門家だ。

コーディネーターになるには、住宅構造、構成材、室内環境、
基礎、関連法規などの試験、論文などに合格して取得する民間資格が必要。
建築家との渉外業務なども行なうこともあるので、建築関連の知識や経験が必要だ。

コーディネーターは、建築士や現場監督、顧客などたくさんの人と話し合い、
仕事をしあげていく。
なにしろ、いろんな意見や主張を持った人々をまとめていく力がないといけない。
つまりコーディネーターは人間関係のコーディネーターでもあるむずかしい仕事だ。

また、顧客の予算や理想にあった家具やカーテンなどを選んで、快適な空間を作る以外にも、
現場調査、契約、工事打合せと発注業務、工程管理と工事管理、完成引渡しと
アフターフォローも大事な仕事だ。

最近は自分のライフスタイルに強いこだわりを持つ人々が多いので、家具ひとつとっても、
幅広い知識を持っていなければならない。
子供がまだ小さいファミリー、子供が巣立った後の比較的豊かな夫婦、高齢者のいる家庭など
それぞれ必要としているものや趣味も違うので、例えば家具においても、常に新しい情報を得る必要もある。

それらの多種多様な要望を具体的な形にして、
快適な住空間を創り上げるのがコーディネーターの役割だ。

子供部屋の机のレイアウト作り方も、狭い子供部屋の場合は
収納 家具 や ロフトを使った配置でコーディネートしてみよう。
家相とかも気にするよりも、ロフト ベッドに写真、おもちゃ箱、本棚
などを並べて楽しん方がいい。
シーリング ライトも人気の商品なので参考にするといいですね。

片付けが大変だが増築リフォームのときに収納やロフトを
是非取り入れてみよう。
改装後は子供 部屋の広さを感じるはずだ。

関連エントリー

子供部屋のインテリアTop >  子供部屋インテリア家具 >  子供部屋のインテリアで選ぶ家具は?