ベッド ガード|赤ちゃんベビー用Top >  赤ちゃんベビー用 >  子供部屋のベッドガードと家具

子供部屋のベッドガードと家具

子供部屋のインテリアとして家具を買いたいのなら、
家具の素材についてもいろいろ知っておくといいですよ。

素材によっては、強度もかわってくるし、接着剤を使っている素材は
その接着剤の危険性も考えて、子供部屋インテリアにふさざわいい、
子供が安全に使えるようなものを選びまでょうね。

まずは使われている材料の構造や加工の違いをお話しましょう。
ムク材は天然の木そのもので作られた木材で、乾燥は自然にするものや、人工的にするものがあります。
一本の木を使うので、接着剤を使ったりしていません。
化学物質を使ってないので、その点では子供部屋インテリアの家具としては安心といえる素材よね。
ただ、欠点としてはゆがみやそりが起こりやすいことがあげられます。

集成材はムクの木を細かい木片にし、接着剤で張り合わせたものです。
一本の木を使うムク材と違って、そりやゆがみが少ないので、強度はあがります。

合板はまず原木を薄く剥いで乾燥させるの。
それらの単板を木目の方向が交差するように、接着剤で張り合わせてた板。
子供部屋インテリアに使うなら、接着剤は安全なものか確認したほうがいいでしょう。

化粧板は合板などの基材の表面に、化粧紙を貼り付けて化粧仕上げした板のこと。
ムク材よりも安いし、そりや割れがないのがいいところ。
表面に薄く切ったムク材を貼った天然木化粧板とか、合板そのものに木目などを
印刷した紙などを貼り、ポリエステル樹脂塗装したポリエステル化粧版なんかもあるわ。

この他にも、家具の素材にはいろんな種類があるようなの。
子供部屋のインテリアとしての家具を選ぶ時は、デザインだけじゃなくって、
子供に安心して使わせられるようにということも考えて、選んでください。

ベッドガードも必要なアイテムですね

関連エントリー

ベッド ガード|赤ちゃんベビー用Top >  赤ちゃんベビー用 >  子供部屋のベッドガードと家具

検索









  • 通販
  • 格安
  • 激安
    • seo