スポンサードリンク

インテリア 照明について

インテリア 照明について詳しく紹介。 家具や雑貨小物のアイテムの中でもインテリア照明は重要な役割なんです。


楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!

インテリア 照明カテゴリー項目一覧

▼ 家具部屋住まい

● インテリア照明と家具


インテリア照明と家具

インテリア家具では照明が大切。

家具やインテリア小物のアイテムの中でも照明はお部屋で重要な役割を持っている。
というのもライトは、明るくするという役割だけでなく、インテリアの演出という役割があるのだ。
ライトはおしゃれアイテムの中でも比較的安く、そのうえ効果が高い。
お部屋の模様替えをしたい時、お金や時間をかけられない場合でも、ライトを使ってみて。
効果抜群だよ。

最初に白熱灯と蛍光灯の違いを考えてみよう。
白熱灯は暖かく、落ち着いた部屋を作ることができる、
リビングや寝室など、雰囲気を大切にしたい場所には最適だ。
また、蛍光灯は鮮やかな白色。

影ができにくいので、より室内を明るく照らることができる。
また、白熱灯より消費電力が少ないので、長く使うことができるので、
長時間点けておくような部屋には向いている。

では、場所に合わせたライトを選ぶ時のポイントをいくつか話そう。
食卓を置くダイニングには料理が美味しそうに見える白熱灯の光が合う。
家具や食器をアースカラーでそろえると、もっと統一感が出て素敵。
また、明るく楽しい雰囲気を出したい場合は蛍光灯がいいね。

リビングは明るくしたい人が多いのだが、あまり明るくまぶしすぎると
落ち使かず、気が休まらない。
テレビやパソコンの画面の光が目立たない程度の明るさが理想的。
具体的には10畳の部屋で100Wぐらいの照明を目安にしてみて。

そしてトイレやバスルームは60Wぐらいの明るさがよい。
また、バスルームには蛍光灯だと肌が青白く見えてしまうので、白熱灯が合うね。
玄関は、お客さんを迎える時、疲れて帰宅する時の入口だ。
明るいイメージにしよう。

インテリアで暮らしが変わるし、雑貨、小物、照明ライトでも
お部屋がここまですばらしくなるもの。
好みによって風水、モダン、ナチュラル、北欧な感じのレイアウトもおすすめ。
ひとり暮らしの住まいなら、バリ風のアジアンテイストもいいですよ。