島忠シマホ&ホームセンター通販|ベンド・ソファ・カーテンの評判と口コミTop >  島忠ホームセンター >  島忠 インテリア家具としての照明

スポンサードリンク

島忠 インテリア家具としての照明

島忠ホームズにあるインテリア家具の照明について、今日は話したい。

中でも部屋のインテリアイメージをがらっと変えることができる間接照明についてだ。

それはまず直接光源が見えないこと、
そして壁や天井などに光を当てて、その反射光で部屋の中を照らす照明のことだ。

物を見せるためではなくて、どちらかというと空間を見せるための光。

直接とは違って、間接照明の光はまぶしくなく、柔らかい光なので、
とりわけ落ち着きたい、癒されたい、リラックスしたい部屋で使うと有効的。

例えば、寝室やリビングでは、間接照明を低い位置につけるといい。

できれば他の家具も低めのものにして、全体的に部屋の重心を低くするのだ。

そうして、壁に光を当てれば、天井は高くなり、部屋も広く感じられるだろう。

そして圧迫感のないくつろげる落ち着いた部屋を作り出せるのだ。

また、空間を部分的に照らすことによって、部屋の明るさの濃淡を作り、
部屋を立体的に見せることもできる。

部屋が狭いと嘆く前に、インテリア家具のひとつ、照明を効果的に使ってみよう。

これで部屋が広々と感じることができ、ひとつの照明で直接部屋全体を照らすより、
ずっとさまざまな奥行きある空間を楽しむことができる。

他にも観葉植物に下から上へスポットライトをあててみよう。

自然界では下から上へと光が当たることはないので、
このアッパーライティングにより非日常的、幻想的なムードになるんだ。

暗くなりがちな部屋のすみに置くと、部屋の空間に広がりが出てくるよ。

もちろん美術館のように自分の好きな絵画をスポットライトで照らしてもいい。

立体感が出てくるので、おしゃれな部屋になるよ。

島忠ホームズのインテリアはいいですよね。

来週も島忠へ行こうと思います。


楽天市場で激安家具が買える!2,000円分のポイントプレゼント!

⇒ニトリ公式通販はこちら


関連エントリー

島忠シマホ&ホームセンター通販|ベンド・ソファ・カーテンの評判と口コミTop >  島忠ホームセンター >  島忠 インテリア家具としての照明