IKEAイケア通販Top >  IKEA イケア通販 >  北欧 イヤープレート

スポンサードリンク

北欧 イヤープレート

北欧のイヤープレートの魅力。

インテリアにするのにぴったりな北欧の「イヤープレート」は、

特別なことがあった年のものならきっと良い記念になる。

たとえば、結婚や出産の年のイヤープレートだと、

特別な思い入れも出てくるから、

贈り物にしても喜ばれる品物のひとつだから魅力。

北欧のイヤープレートといって思い浮かべるのは

やっぱりロイヤルコペンハーゲンのイヤープレート.


ロイヤコペンハーゲンで初めて作られたのが、

1908年に発表された「聖母マリアと子供」というイヤープレートだそう。

クリスチャン・トムセンというデザイナーが

デザインしたイヤープレートが注目を浴びて、

それから毎年作られるようになったみたい。

北欧のイヤープレートは、

今では北欧の家庭では欠かせないクリスマスの習慣になっている。

あと、北欧のイヤープレートといえば、

ルールストゥランド社のイヤープレートもいい。

有名な童話「ニルスの不思議な旅」のいろんなシーンが

シリーズとしてイヤープレートで発表。

このルールストゥランド社は北欧スウェーデン最大の陶磁器メーカーで、

シンプルな中にも実用性を重視した姿勢でイヤープレートを生産しているメーカー。

ロイヤルコペンハーゲンのライバルだった、

北欧デンマークのビング&グレンダールは、

今はロイヤルコペンハーゲンに合併吸収されているけど、

いち早くイヤープレートを作った陶磁器メーカー。

童話や動物をモチーフにしたデザインのイヤープレートは

とっても魅力的で素敵なので、機会があればぜひ手に入れたい一品。


関連エントリー

IKEAイケア通販Top >  IKEA イケア通販 >  北欧 イヤープレート

Edit


ベルメゾンネット



お申込から最速開通に挑戦!
『フレッツ光』

検索