IKEAイケア通販Top >  IKEA 通販 家具 >  イケアと子供部屋のインテリアカラー

スポンサードリンク

イケアと子供部屋のインテリアカラー

イケアと子供部屋のインテリアカラーについて。 子供部屋のインテリアってカラーが大事だと思うんだ。子供部屋の色合いは年齢を重ねていくうちに段々と変化させたほうがいいんだって。 例えば、まだ小さい頃にはっきりした色にたくさん刺激されると感受性が育つから、幼児期の子供部屋のインテリアは明るくはっきりしたカラーで揃えると良いらしいよ。 それも学校に上がって勉強の時間が増えるとまた色彩は変化するそう。 好みにもよるけれど、青系の色はストレスをなくし、落ち着いて勉強に集中できるんだって。だからといって子供部屋インテリアを全部ブルーにするとか、壁紙から変える事はなかなか大変。しかも、ブルーの色を中心にしすぎると子供部屋が寒々しくなるので、例えば、ベッドのシーツを青系にしてみて、カーテンやクッションをグリーンという感じに暖色系を混ぜれば、落ち着いた感じの部屋になるんじゃないかな。子供部屋のインテリアは小物類で色を変えればいいよね。 そうはいっても、子供部屋全体のカラーコーディネートを考えると、子供部屋インテリアを最初に揃えるときに、成長してからの事も考えてカラーを取り入れた方がいいみたい。 子供が小さいときに子供部屋のインテリアを揃えるなら、壁紙は明るめのベージュなんかにしておいて、明るくはっきりとした色合いはカーテンや絨毯、クローゼットとか、比較的買い換えたりできそうなインテリアにしておけば、成長してからの子供部屋のインテリアカラーを子供の自主性に合わせて変更することもできるよね。 イケアのカラーは原色のビビットカラーが多いので楽しいコーディネートができます

関連エントリー

IKEAイケア通販Top >  IKEA 通販 家具 >  イケアと子供部屋のインテリアカラー

Edit


ベルメゾンネット



お申込から最速開通に挑戦!
『フレッツ光』

検索