IKEAイケア通販

スポンサードリンク

IKEAイケア通販について

IKEAイケア通販おすすめを紹介。北欧家具やインテリア雑貨も集めました。一人暮らしや子供部屋作りのコーディネートに関しても。イケア横浜港北、船橋、新三郷店レポートも更新していきます。

IKEAイケア通販カテゴリー項目一覧

IKEA イケア通販

北欧 イヤープレート

IKEA&ニトリ通販

イケアファミリーカード 入会と特典

IKEA イケア店舗

イケア香港店へ行ってきました

IKEA 船橋

ikeaイケアで買い物した後に

イケア 舟橋

イケア横浜 IKEA港北店

IKEA 通販 こたつ

イケアの家具と通販

イケアのカタログ

IKEA 通販 カーテン

イケヤのポスター

IKEAでポスター買いました

IKEA 通販 カタログ

イケアの横浜港北店について

イケア家具と引越し。

一人暮らしにはイケアとマンスリーマンション

イケアの家具で一人暮らし

IKEA 北欧家具

IKEA 通販 ソファー

家具を通販で

イケアとカントリー家具

イケアと北欧ファブリック

イケアと北欧雑貨

イケアと北欧ファブリック

IKEA 通販 家具

子供部屋インテリアとイケア照明

イケアで子供部屋インテリアを

イケア家具のレストラン

子供部屋インテリアとしての家具

イケアと子供部屋のインテリアカラー

IKEA 通販 公式

イケアのソファーはデザイナーが

イケアのベッドでベッドルームを

イケア(IKEA)ベッドは

イケアのソファーの使い方

イケア(IKEA)のウッドラック

イケアの家具と通販

イケアの家具と通販の特徴ってなんだろう。


イケアって知ってるかな?


「イケア」とはスウェーデンの大手家具店なんだ。


このイケアは、家具や食器、キッチンにバス、トイレといった場所に必要な家具を主に販売している他、ガーデニング類のものも販売している。


このイケアの特徴は「DIY」だ。「完成品」を販売するのではなく、家具をパーツごとにわけて、
自分で組み立てる方式の「組み立て式の家具」を販売している。


(↓カタログが家に届きました。イケアファミリー会員にはいってます)
IMG_5556.JPG

またもう一つの特徴として、持ち帰りやすいように商品の梱包を最小限にしているところではないだろうか。


さらに、イケアは他の大型家具店とは違って、
在庫の確認から運搬までを全て購入者自身で行うことによって、
人件費を抑えて商品である家具の値段を低価格に設定してあるところも魅力だ。


イケアの家具は、店舗というより大きな倉庫の中から、
自分が欲しい家具のある場所を確認して商品を探し出すというところも、
その商品を自分でレジまで運ぶところも、「DIY」…Do It Yourselfスタイルなのだ。


(IKEA FAMILY CARDです↓)
IMG_5560.JPG


海外に行くと特別ではないこの販売スタイルは、日本人には新鮮に映り、人気なのだろう。
また、イケアの家具は植林による木材を使用していて、
熱帯雨林から伐採された木材は一切使用しないところもイケアの大きな特徴だろう。


イケアは梱包に使用する材料もリサイクルを徹底し、輸送方法も二酸化炭素の排出量もできるだけ抑えている。こういった環境対策は我々も見習わなくてはならない特徴の一つではないだろうか。


ではIKEA家具を買ったあとの一人暮らしの引越しと部屋探しの注意点について、書いてみよう。


新しく一人暮らしを始めるにあたっての一番の重要なポイントは、まずこれから住む地域で信頼がおける不動産会社を見つけることだ。


一口に一人暮らしと言っても、学生の一人暮らし、社会人の一人暮らし、高齢者の一人暮らし…といった具合にさまざまなタイプがある。自分にあったライフスタイルで部屋を探すことを頭に入れておこう。


どのエリアで住むのか、家賃はどれくらいまで支払えるのか、間取りはどれくらいなのか、駅からどれくらいかかるのか、など自分の希望をできるだけ細かくリストアップしておくと具体性が出ていいと思う。


一人暮らしの部屋探しで重要なことはいくつかある。これからはインターネットが身近な世代なので、
インターネットの接続環境や地上デジタル放送が受信できるかどうかもチェックしておくほうがいい。


部屋を下見する時は、間取りや給湯設備関係、もちろん照明機器なども確認しておこう。


更に、共有廊下や階段の清掃の様子も確認しておこう。それと、ゴミ捨て場や駐輪場などの使い方を見れば、建物自体の管理状態が良いかどうかの目安にもなるので、忘れずにチェックしておこう。


部屋探しが済んで、希望の部屋が見つかったら、今度は引越しだ。普通は引越し業者に頼むのだが、最近では友人たちに手伝ってもらって旧住居から荷物の搬出、新居への搬入をすると安くつくのでそれで引っ越す人も多いようだ。


しかし、時間がないときや高齢者の場合はそうもいかないことが多いので、やはり、引越し業者に依頼した方がいいだろう。荷物が少なく近距離の場合は赤帽にするといいかもしれない。赤帽なら運搬から搬入まで一人ついてくれるし、一人暮らしの引越しには向いているといえよう。


大切です。実際にどれくらいのお金が必要になるか一人暮らしの資金をシュミレーションしてみましょう。一人暮らしの引越しは、通常は引越業者に依頼しておこないます。業者に依頼するときは、数社を世間の評判などを参考に選んで見積もりをしてもらいましょう。


見積もりを取る際には以下のことを業者と確認しておきましょう。引越し予定日・ 引越し荷物の内容・荷物の搬出(旧居)・搬入(新居)希望開始時刻など。


業者に依頼せず、家族や友人の車で引っ越すと安く済みます。荷物が少なく手伝ってくれる友人が2〜3人いればレンタカーでの引っ越しが安く済みます。赤帽を利用した引越しは、荷物が少なく近距離なら結構安く上がり、一人暮しの方向きの引越しです。

関連リンク
ウォーターヒヤシンス ソファー




ベルメゾンネット



お申込から最速開通に挑戦!
『フレッツ光』

検索